[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (649KB) [会員限定]

日外会誌. 123(4): 352-355, 2022


会員のための企画

アメリカで外科医として働く

シカゴ大学 心臓外科

北原 大翔

内容要旨
これは日本国外で外科医として働きたいと思う医師に向けた文章である.「日本で外科医として働く理由は何か」.この質問に明確な理由とともに答えを出すことができる外科医が日本にどれだけいるだろうか.医学部を卒業後14年経つが,著者は未だこの質問に明確な理由や動機,理念をもとに答えられる自信がない.日本に生まれ日本で育ち日本で教育をうけて外科医になったのであれば,日本で外科医として働くのは当然のことであろうと.著者のような考え方はこれまでは一般的であったように思う.しかしながら,この当たり前が通用しなくなる時代が来ている.働く場所を自分で選ぶ時代である.外科医としての実力を最大限に発揮できる場を自ら選ぶという考え方は非常に合理的であり,他分野において海外流出が著しく増加していく中で,医療界においても同様の傾向がみられることは必然である.著者は現在米国の病院で勤務しているが,毎日さまざまな国出身の外科医と顔を合わせる度に,ほぼ日本人しかいない日本の病院の特殊性に気づかされる.外科医という職業を自らが選択したように,働く場所を選択する時代が必ず訪れる.世界と日本を比べた上で日本を選んだ理由,「日本で外科医として働く理由」を明確に答えなくてはならない時代である.本文では米国で外科医として働く方法について解説する.

キーワード
留学, 外科医, 心臓外科, チームWADA


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。