[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1074KB) [会員限定]

日外会誌. 123(2): 187-191, 2022


会員のための企画

外科領域における医工連携と医療機器開発

神戸大学大学院 医学研究科外科学講座肝胆膵外科学分野

福本 巧

内容要旨
長寿社会を迎えた国民の健康寿命延伸への期待のみならず次世代の成長産業としての役割からも国産医療機器開発の強化は喫緊の社会的要請となっている.しかし近年,日本は高度管理医療機器の開発でその競争力を失い,圧倒的な日-欧米格差を生じている.米国では臨床ニーズからの医療機器開発を進め,その成功確率を向上させているのに対して日本では初期開発が機能せず医療機器開発の停滞を招いている.また外科医によるユーザーイノベーションや医工連携も推進されているが知識と経験の不足から十分に機能していない.神戸大学ではこの現状を打開すべく医工連携を強化し,全学センターを設置し,日本型エコシステムを提唱してきた.さらにこれらの取り組みを基礎として医療機器の創造的開発人材の育成を目的とした新専攻の設置を予定している.神戸大学を医療機器の初期開発および実践教育の場とし,欧米に負けない医療機器の価値創造を行いたい.

キーワード
外科学, 医療機器開発, 医工連携, バイオデザイン, 臨床ニーズ


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。