[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (699KB) [会員限定]

日外会誌. 123(2): 147-149, 2022


理想の男女共同参画を目指して

日本小児外科学会における男女共同参画への取り組み

日本小児外科学会ワークライフバランス検討委員会担当理事,杏林大学小児外科 

浮山 越史

内容要旨
日本小児外科学会会員における女性会員の割合は増加している.女性小児外科医のキャリア継続とモチベーションの維持は重要な課題である.日本小児外科学会ではワークライフバランス検討委員会を中心に,男女共同参画について議論し,女性評議員のクオータ制を実現している.女性会員によって学会運営が活性化し,そのことが,女性会員のモチベーションの向上,維持に役立つことを期待している.

キーワード
男女共同参画, 女性小児外科医, ワークライフバランス, 女性医師のキャリアデザイン


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。