[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (660KB) [会員限定]

日外会誌. 122(5): 494-498, 2021


会員のための企画

リキッドバイオプシーの現況と展望

日本医科大学 消化器外科

山田 岳史 , 太田 竜 , 松田 明久 , 園田 寛道 , 進士 誠一 , 吉田 寛

内容要旨
血液をはじめとし,体液中には様々な核酸や腫瘍細胞が存在し,これらを用いた検査をLiquid biopsyと総称する.Liquid biopsyではCirculating tumor cell(CTC),circulating tumor DNA(ctDNA),exosomeを利用するが,ctDNAの研究が最も進んでいる.single-cellのRNA解析技術が開発されたため,今後CTC研究から様々な新知見が得られることが期待されており,exosome内のDNAはctDNAと比較して断片化が軽度であり,半減期が長い可能性があることから,これまでctDNAではできなかったLiquid biopsyを用いた悪性腫瘍の早期診断への応用が期待されている.Liquid biopsyは,空間的・時間的heterogeneityを同定することによる薬剤感受性の判断や,根治切除後の微小転移(Minimal residual disease:MRD)の有無に基づいた予後リスクの判定,等で臨床応用が期待されている.MRDの有無により術後補助化学療法の必要性や治療期間を個別化できる可能性があることから世界中でMRD研究が行われている.

キーワード
Liquid biopsy, circulating tumor DNA (ctDNA), circulating tumor cell (CTC), Precision Medicine


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。