[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1043KB) [会員限定]

日外会誌. 122(3): 352-358, 2021


会員からの寄稿

COVID-19感染拡大下における群馬県がん手術症例数の減少:2020年1~9月の集計結果

1) 群馬大学 医学部附属病院外科診療センター
2) 前橋赤十字病院 
3) 高崎総合医療センター 
4) 渋川医療センター 
5) 公立藤岡総合病院 
6) 公立富岡総合病院 
7) 伊勢崎市民病院 
8) 桐生厚生総合病院 
9) 群馬県立がんセンター 
10) 群馬県済生会前橋病院 
11) JCHO群馬中央病院 
12) 日高病院 
13) 原町赤十字病院 
14) 沼田病院 
15) 利根中央病院 
16) 太田記念病院 
17) 公立館林厚生病院 
18) 群馬大学大学院医学系 研究科公衆衛生学

調 憲1) , 佐伯 浩司1) , 宮崎 達也2) , 小川 哲史3) , 蒔田 富士雄4) , 設楽 芳範5) , 町田 昌巳6) , 保田 尚邦7) , 加藤 広行8) , 尾嶋 仁9) , 細内 康男10) , 内藤 浩11) , 龍城 宏典12) , 内田 信之13) , 岩波 弘太郎14) , 郡 隆之15) , 林 浩二16) , 岩崎 茂17) , 小山 洋18)

内容要旨
【背景】2020年1月から始まったCOVID-19の感染拡大は本邦の医療に大きな影響を与えた.しかしながら,がんの手術への影響について検討した報告はない.そこで今回,17の群馬県のがん診療連携拠点・推進病院すべてにアンケート調査を行った.【対象と方法】2020年1月から9月までの胃・大腸・肺・乳がんの切除症例数,および,2019年の同月の手術症例数を集計し,比較検討した.さらに発見契機が検診である症例(検診例)数と検診以外である症例(非検診例)数をがん腫ごとに検討した.【結果】17病院では2019年1~9月に3,505件のがん手術が行われていたが,2020年の同月には3,236件,7.7%減少した.月別の症例数の推移を2019年の同月を100%として比較すると2020年の5月からやや減少がみられ,6月から9月にかけて20%近い有意な減少がみられた.がん種別で検討すると4がん種全てで手術症例数は減少し,5.9%~10.6%の減少を認めた.検診・非検診別では,6~9月期における胃・大腸・肺がんの検診発見群で有意な減少がみられたが,乳がんでは有意な差はみられなかった.【結論】2020年には群馬県の胃・大腸・肺・乳がんの手術は7.7%減少し,その要因としては検診受診者数の減少が最も重要である.有意ではなかったものの,検診発見以外の手術症例も減少している傾向があり,有症状者の受診抑制や経済的困窮の関与が考えられた.がんの発見や適切な治療の遅延を招かぬように情報を発信し,結果としてがん検診への受診,有症状者の病院受診を促すことが重要と考えられた.

キーワード
COVID-19, がん, 手術症例数, がん検診, 群馬県


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。