[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (749KB) [会員限定]

日外会誌. 122(3): 336-340, 2021


会員のための企画

グローバルデータシェアリングによる医療課題の解決~新型コロナからの教訓~

慶應義塾大学医学部医化学教室,国立研究開発法人日本医療研究開発機構初代理事長 

末松 誠

内容要旨
公的研究機関が中央集権的に臨床データを収集して,医療の質の向上を目指す試みは幾多と存在するが,持続可能な研究費の拠出が望めず,データを管理する責任機関の長が交代する中で,従来型のデータベースはサイロ化し陳腐化する運命にある.したがって複数の指導的立場にある研究者からなるデータベースコンソシアムのメンバーが功名心を挟まずに公的利益を目指して持ち回りでデータベースを管理するしくみを構築することは,データを利活用することによって医療の課題を永続的に解決してゆくために不可欠なメカニズムである.複数の医療拠点から収集した情報をデータベース化し,情報を拠出した医療拠点が,そのデータベースをリアルタイムに利用して,現場の医療の質を向上させる仕組みを構築する「広域連携・分散統合」のしくみが医療の課題解決に必要である.

キーワード
データシェアリング, IRUD, 新型コロナウイルス, 広域連携・分散統合


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。