[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1281KB)

日外会誌. 121(4): 417-422, 2020


特集

食道癌診療の現況と展望

3.診療アルゴリズム

慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科

川久保 博文 , 北川 雄光

内容要旨
食道癌治療ガイドラインは2002年に初版として発刊され,2017年6月に発刊された第4版は,名称を食道癌診療ガイドラインに変え,エビデンス至上主義からより実際の医療に役立つ判断を取り入れた最新のガイドラインとして発刊された.食道癌の治療方針は原則として食道癌診療ガイドラインに記載されている食道癌治療のアルゴリズムおよびアルゴリズムに基づいた治療方針に従って決定することが推奨されている.
食道癌は疾患特異的な問題点が多くあり,画一的な治療法を決定することは困難である.そのため,その患者の様々な情報を総合的に考慮したうえで治療方針を決定されなければならない.食道癌は高齢者に多く発生するため,併存疾患や機能障害を有している患者が多く,その患者の進行度に対する標準治療ができないことが多い.そのため,個々の患者の状態を考慮に入れなければならない.治療法としては内視鏡治療,手術,化学療法,放射線療法を組み合わせた集学的治療が行われるが,早期癌から進行癌に至るまで多くの治療法が適応となり,その組み合わせ,順序を含めると治療の選択肢が多岐にわたる.一方で胃癌,大腸癌,乳癌,肺癌などと違い,症例数が多くないため,大規模な臨床研究を施行することが困難であり,信頼度の高いエビデンスが得られ難い.本稿では食道癌診療ガイドラインにおける進行度別のアルゴリズムを示し,進行度別の治療方針を概説する.

キーワード
食道癌, 手術, 集学的治療, アルゴリズム, 食道癌診療ガイドライン


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。